スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新

今年2回目の34連勤中の次男です。

超久しぶりの更新ですが、元気に被災地満喫しております(っ´∀`)っ”

おふくろが取材をうけたみたいなので、のせておきます( ゚∀゚)

https://www.youtube.com/watch?v=zNaYK7eF5jc&feature=share
スポンサーサイト

8月を振り返る

がびーん!

8月についぞ更新できないまま9月になってしまいました…@@@
というのも8月はついに、引越しができたから忙しかったのです( ‘∀‘)
引越しといえば、そう!仮設住宅にやっと当選!

仮設住宅にも様々あり、戸建ての住宅もあるし江戸時代じゃないですが長屋の住宅もあるし、既に給排水の水周りにトラブルがあるところもあるし、道路がスーパー狭いところもあるし…。
長兄とお袋様が住むことになった新居はごくごく一般的な住宅です☆
2Kのバストイレ付きで駐車場は1台分を完備!エアコン家電付き!
エアコンなんてお袋の60年人生で初です笑
はっきり言って贅沢(っ´∀`)っ”

とは言え、天井には目張りのガムテープですし、庇(ひさし)が無いので雨が降ればサッシにタオルでも詰めないと窓際がえらいこっちゃですし、お風呂にはシャワースタンドが無いし、雨が降るたびにクツをしまわないとビショビショに笑
でも、引越し→新生活!という事自体、ほとんど経験しなかったお袋様なのでなんだか楽しい毎日みたいです♪
あの体育館生活からすれば天国ですし、何より自分の部屋=ミシン工房がいよいよできましたからね!!
(・´ω`・) みたいな顔して幸せそうです☆
皆さんからご支援いただいた宝物を使ってジャージを直したりエプロン作ったりしてるみたいです!
ありがとうございます!!!

仮設住宅の生活状況は追って特集しますね☆(*゚∀゚*)



さてさて激動の8月。


まずは私=次男のじいちゃんが亡くなりました(*u_u)
お袋の父ちゃん、私にとってのじいちゃん。
あの3月11日、お袋と嫁さんと娘は志津川で。私と兄貴と弟は仙台で被災しました。
3/11pm500、志津川の情報は1点だけ。
【少なくても6mの津波が到達、町は壊滅】
絶対、絶対に家族は無事だから、心配いらない大丈夫、と自分に言い聞かせ。
信号も点らない真っ暗な道路、片道30分の道を5時間かけて、ともあれ内地の親戚を頼ろうと叔父とじいちゃんたちが住むお袋の実家に逃げ込みました。
何度目かの電話で繋がった叔父。
『ははは、何もねーけどな、少しなら屋根もあるから来るなら来い~笑』と明るく迎えてくれました。
崩落して段差ができてる道路を何度か迂回して、やっと到着した古いけど頑丈な築ウン十年の家は文字通り傾いてて、家の中はぐちゃぐちゃ。
震度7は伊達じゃなかった。
叔父さん笑ってる場合じゃないよ!とは今だから言えますね笑
当時から肺を患い、酸素吸入機が必要なじいちゃんは車中泊を余儀なくされて、(´・ω・`)な顔してました。

翌朝の日の出前に出発して、そのまた翌日に家族とは再会できたのですが、ガソリンも手に入らず中々じいちゃんとは会えませんでした。
その後入院してそのまま天国に行っちゃったんですが、寝顔を見るとなんだか、苦しみから解放されたようにのんびりした顔で、私の知ってるのんびりじいちゃんのまま、天国でものんびりしてるんだなぁと思いました。
一足先に天国で(たぶんこちらは酔っ払ってる)父ちゃんと、のんびり見守っててくれるようです。



そんなこんなの中、仮設住宅に当選。
というか最後の抽選組だったので、必ず当選するようになってるんですけどね(´н`*)
随分と待った割には『ということなので来週中に入居してください』とお役所さんのお話。
お葬式の次にはてんやわんやの引越し作業です。

5月連休も無く仕事に邁進してきた私の会社も、体調を崩す職人が出始めたこともあり、お盆休みは5日くらいもらえました。
お盆の挨拶回りに父ちゃんの墓参り、じいちゃんの墓参り、プラスで引越し、と休んでる場合でもありませんでしたけど、それでも体は正直なもので、しばし出勤しないだけでとっても元気になれました!
やったー!

9月に入った今はもう爆裂忙しさのあまりお盆休みの記憶はもうありませんが笑



我が家の赤ちゃんも全国津々浦々からのご支援をたらふくにむさぼり、立派なデブに成長中です☆
赤ちゃんは少しくらいデブな方がかわいいので、パパ似のデブにもう感☆激です。
あまりの暑さに買って来た赤ちゃんプールもデビューして風邪もひかず元気いっぱい。
あせもが酷いのに悩み中です@@@涼しくなったら良くなるかな??
プールデビュー

今回はちょっと写真が少なくて寂しい感じですが、次回更新には写真を載せたいと思います!

福興市も皆勤賞で行ってますし!

それではまた!!

【福興市】お久しぶりになってしまいました!

だいぶご無沙汰になってしまいました!
皆さんからの温かいご支援で、①おにぎり袋と②千切れたシーツの復活ができました(‘∀‘)
やったー!
↑最近口癖にしようと思って口癖にしてます笑

前回の更新で、ついに水が出る出る出ーるねという話をさせてもらいました☆
お蔭様で私の自宅がある地区では不便を感じない生活ができるようになって来ましたよ♪
やったー!

しかし一部の仮設住宅ではほぼ毎朝断水してしまう、という状態もまた事実です。
一部の報道、あるいは現地住民からの情報では【●●町は水が使える】【××町では支援物資が余っている】といった情報もあるかと思います。
正確には、【●●町の△△地区では貯水タンクが設置されたから水が使えるハズだ】【××町の体育館には物資がいっぱいあったからこれから配れるかもしれない】とかかもしれませんね@

さて今回は息子の仕事とか、先日開催された福興市の様子などを載せたいと思いますよ~(´н`*)
少し愚痴っぽくなるかも……でも読み苦しいのは今に始まったわけじゃない!かな?笑



■応急貯水タンク
貯水タンク
これは南三陸町中央から海沿いに南下した【戸倉ながしず】地区に設置された応急貯水タンクです。
直径6m強、深さ2m強なので70m3くらいの水が溜められるようです。
サーカスのテントみたいですね(´∀`*)サーカス観た事ないですが
地下水や沢の水を汲み→ろ過して→このタンクに溜め→上水道本管に接続→水道が使える
という工程なわけです。
ろ過装置の能力には限界があります。
そのためタンクが小さい地区では朝とか晩の、使用水量が集中する時間に空っぽになる=断水、となってしまっております。

ちなみにこれはフランス直輸入の品だそうです。
トタンを丸めたようなとこは鋼でできていて、内側にゴムのシートを貼っただけの簡単な構造です。


このタンクなんかもそうですが、ここで最近の建設業に広まる、厄介な話をひとつ。

仮設住宅の建築がスーパースピードで進んでおります。
大和ハウス、積水、一条工務店、などなどの大手ハウスメーカーと呼ばれる企業の尽力が大きいですし、地元業者も一所懸命やってますし、他方から来てくれている協力会社も皆で頑張っているからだと思います。

【もっと地元の業者に建設やらせたほうが賃金が発生するだろがい!】と言う方は被災地をわかってない、と言わざるを得ません。
南三陸町では水道業者、電気工事業者、土木業者の大半が消失しました。
仮に地元業者が陣頭指揮を執ったなら、材料のストックはお金が無いorあっても銀行機能が不通、などで滞りますし、ノウハウが無くて滞りますし、田舎ゆえのしがらみによって滞りますし、そもそも地元人は働いてる場合じゃねぇ、という状況でもありました。
週末はとりあえず葬式、葬式が無いときは親戚の様子を見に行かなきゃ、という状態でしたから。

だから大手さんがドーンと入って、テキパキと地元業者と折衝し、大部分を地元業者に施工させてくれて、次々に仮設住宅材料を搬入→建造した功績は非常に大だと思います。
日本以外のどこの国でこんなことができるというのでしょう。

そんな大手さんは震災直後から大量に迅速に仮設住宅用資材の調達を始めます。
政府から【仮設住宅10万戸!】て言われましたからね。
他の現場で使っていた材料を全て仮設住宅に回し、震災に関係が薄い現場では代替となる工法で進めたりしました。もちろん代替工法はベストな工法では無いわけです。コストがかかったり、時間がかかったり、難易度があったり…。
現場では赤字覚悟で進めたところもあるでしょう。

しかし仮設住宅のような緊急工事では、材料集めが肝で、材料さえあればなんとかなるもんです。
兎にも角にも材料を集めて、『よっしゃ5000戸はイケますぜ!』とかなったところに政府さんからこう言われるわけです。
【支援してもろたし、外国から材料輸入することにしたわ。もう要らんで。在庫の代金はキャンセルしてちょ。ごめんね~。】

がびびびーん。

ちょ、そりゃ厳密な契約書を交わしたわけでも無いし、企業側が『勝手に』現場の材料やりくりして集めたと言えなくも無いけど、あんまりでしょぅ。
スーパーがびがびがびーんですよ。

写真の貯水タンクはおフランス出身。
日本にだって、超優秀なゴムシートメーカーはたくさんあるんです。
三ツ星ベルトだとか、東ソーニッケミとか…。
鋼材さえあればこんなんなんとでもなると思うんですけども、少し、アイディアが足りなかった気がしますね。
あとゴメンネの使い方も違うと思います笑


さてさて愚痴はここまで!

一方かわって食品業者さんは本当にすばらしい動きでした。
正確性も、方向性も、実に的を射ていました。
3月11日から一夜明けた12日、ほんの少しだけ道路が走れるようになった12日にはもう、あらゆる倉庫から魚介類を開放して町民のお腹を満たしてくれました。
ガソリン無いなら軽油で走れ、軽油も無いなら自転車使え、自転車ないなら歩いてけ、とにかくそういうガッツにどれほどチカラをもらったか。
ほんとうに足を向けては寝られません。

そんな食品業者さんですが、商工会などと団結し、毎月末に福興市を開催しています。
町などの地方自治体の力をあてにせず、企画している、真にすごいイベントでした。

■福興市
福興市の様子
私が行ったのは5月末の日曜日の福興市です。
びっくりしたのは、交通整理だとか、駐車場の案内だとか、シャトルバスだとか、全てが食品業者さんたちの自力によるもの、という部分です。
オマワリさんゼロ!自治体のバスもゼロ!公有地の駐車場もゼロ!
でも混乱もゼロ!
当日は雨降りで、他方から南三陸町でお金を使おう、と来てくれたお客さんたちもほとんどが車での来場でした。
それでも運営さんたちがキビキビと誘導して、バスに乗せたり案内したりでスマートでスムーズでした。

集まってくれたお店は、遠くは山口だったり、神戸だったり、どなたも遥かな距離を越えての参加のようでした。
中でもサンマ屋さんに感動しました。
『南三陸町の人だから、今こそサンマとか食べたいと思ってねぇ~( ゚∀゚)(´∀`*)』

はっきり言ってサンマなど、町民にとっては冷凍庫を占領するだけの、なんでも無い魚でした。
シーズンなら100円で5匹は買えるレベル。
でも南からやってきた灰で干したとかいうサンマ、久しぶりのサンマには本当に感動しました。
ジンギスカンとか、横手やきそばでお腹いっぱいだったのに、このサンマは最強のウマさでした。
ぜひまた食べたいっ!
でも名前がわかんないんですよね、僕としたことが…@灰で干したサンマ、は間違い無いんですけれども@
また来るかもしれないから、そしたら訊いてきたいと思います!!!

■福興市2
福興市のオクトパス
これは災害前の受験シーズンにご利益のあった、『置くとパスするオクトパス文鎮の多幸鎮(たこちん)』お神輿です笑
福興市のシンボルとして、どんどん露出してほしいですね(´н`*)



今回は息子の個人的に思うところを書かせてもらいました。
15日にネットも開通し、パソコンもなんとか動くようになりました。
これからはどんどんと更新したいところですが、7月にまた試験があったりしてちょいと勉強も頑張らなくちゃ、です(っ´∀`)っ”
手芸ラー活動も順調で、オニギリを入れる巾着、シーツ、テーブルカバー、枕…etcと結構いろんなものが出来上がっているようです☆

次回は
虫が多いぞ
成果物の発表
あたりを書ければと思っております☆


ではまた!
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

dressmaker510

Author:dressmaker510
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。