スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃぼー!4ヶ月ぶりで恐縮です!!

本当は3.11より前に最低一回は更新したかったのですが…あいにく本日となってしまいました。ぐすん

ハッピーメリークリスマス!
も、来年もまたよろしくお願いいたします!
も、あけましておめでとうございます!
も、卒業おめでとう!
も記事にできないまま、ついには3.11も過ぎ去ってしまいました。

年末。
思い返せばひたすらに豪雪となった冬でしたねー。
南三陸町など例年はシーズンに一回くらい10cmも積もればせいぜいな気候です。
それが今シーズンは降るわ降るわ…。
震災直後に移動手段がなく、ガソリンも無いところ何とか確保できた我が家の中古の原付バイク…。
雪の重みで転倒してカウルが割れておりました。
がびーん。
またこんな災害にはやられたくもありませんが、とは言ってもいつ来るかわからないのが天災というやつです。
備えは常に、ということでバイクの小屋でも建てようかと思います。
雪にも困ったけどこれからは風もすごいので…@@@

年始。
にわかに活気付いた町内では【福興名店街】と銘打った仮設の商店街が急ピッチで建造されました。
おかげで年末も年始も碌々休めはしなかったのですが、それも復興のため。
我々建設業者が踏ん張らないと自動的には完成しないのが建物です。

そして年末年始、それ以上に町内の建設業者を悩ませたのが水道の凍結でした。
相次ぐ凍結は連日連夜で、結局3月に入るまでほぼ毎日凍結→解氷という仕事に追われました。
あの震災直後、とにかく水道を繋がないと!と応援いただいた同業者さんたちを腐すつもりもありませんが、長崎などから応援していただいた業者さん。
向こうは【凍結深度】という概念がないそうで、敷設した水道管を深く埋めるという部分が無かったのです。
誰が悪いってチェック、あるいは指導する立場の町の水道課が悪いに決まっています。
結局、年末年始の凍結は私どもが対応した分だけで200件を越えました。
便所は使えない、風呂は沸かせない、水道は出せない、と仮設住宅で過ごす皆さんは苦労されたことかと思います。
まぁチェックする水道課自体の人間が、西から来た応援の方々だったのでしょうし、これはしょうがなかったとも思います。
破裂したところは無かったので不幸中の幸いです☆

2月。
水道の凍結も1日10件とかいう殺人的なペースからは落ち着きだして、私は方々に出張して施工ラッシュでした。
出張から戻ってきたら、南三陸町にも仮設商店街となる【福興名店街】がいよいよオープン!
2/25に開店式典が行われ、(内緒で)エグザイルさんもいらっしゃったようです。
うちのお嫁さんの勤め先のお花屋さんには来なかったそうですが、僕はチラッと見てきました!
エグザイルさんはパワーが溢れてました!
ステキ!
まぁこの日も30cmくらい雪が降ったので、正直雪かきに追われてエグザイルさんどころでは無かったのですけれども笑

そして3.11。
日曜という事もあり、仕事の具合で休める人は休んで、追悼式などに出席しました。
あの恐ろしい災害から早かった1年。
振り返って思うのは3つ。

一つ目はやっぱり、家族たちと再会できた喜びと、自分の中に占める家族への思いの大きさでした。
失うはず無い、絶対に大丈夫だ!と信じる一方で、本当に大丈夫なのかと心配する気持ちの大きさ。
心配になるだけであんなに涙が出ることは、これから一生無いと信じたいです。
娘も嫁も御袋も、みんな無事で兄弟も無事で、取るものも取らず着る物も着ずに全力で逃げた家族たちに感謝です。
いまたくさんのことに感謝しながら私が生きていけるのは家族たちが無事でいてくれたからに違いありません。
もしそうでなかったなら、全てを呪って自分も死んでいたんではないかと思います。
家族というのが自分の中でこんなに大きいなんて、被災して初めてわかったことでした。
これからも家族を大事にする大人になりたいですね(´∀`*)

二つ目は世界中からの支援の大きさ、温かさです。
どんな組織よりも圧倒的なスピードと実力で、文字通りの道筋を付けてくれた自衛隊の皆さん。
すんごい量の毛布を届けてくれた神戸や新潟、内地の山形とか秋田からの個人のひとたち。
はるばる四国や東京からも続々と物資を届けてくれた友人たち。
3/13日、津波注意報の止まないなかでも既に始動していたクロネコヤマトさん。(目を疑いました)
そしてふんばろう東日本で、たくさんの温かい支援をくださった皆さん。
どれもこれもが本当に心を砕いて、十二分に吟味いただいたとわかる内容の支援物資。
励ましのお便りも、緩衝材の代わりに詰められたお菓子も、本当に心もお腹も温まりました。
いずれの方々にも感謝してもしきれませんが、いまは存分に甘えさせてもらって、きっといつか、何かで返せるときがきたら、倍返ししたいと思っております。
本当にありがとうございます!

三つ目は、復興への歩みの速度です。
自衛隊の方々の統率力でもって排除したガレキたちや道路、水道、電気などの復旧に比べて復興は時間がかかるんだなぁと感じます。
復旧は今やるべきことが明確で、誰もが賛同しマンパワーで解決できるのに対し、復興は未来を見据えての計画になるからなんだと思います。
判断の保留、保留から生まれる意思疎通と意思決定までの統率、実行と、どのプロセスに対しても声の大きさとスピードに疑問があります。
町内の人離れ、大変な問題になっています。
20000人しか居なかった町民の5%ちかくが亡くなってしまいました。
さらに現時点では15%以上が【海から離れた町に移住する】と回答しています。
20代、30代の年代に限って言えば、残る人たちの名前をそらで言えるくらいの人数です。
離れる人の多くは仕事が町内に無い、ということに起因しますが、一方で建設業や漁業、水産加工業など現在の中核を担う職種では人不足、若手不足も深刻です。
どうなっていくのか考えたとき、この1年を振り返ると、なかなか良いイメージを持つことすら難しいところですね^^



さてさて長々と最近(と言っても5ヶ月分もありましたが)の近況を書きました。
気が滅入るようなネガティブブログにしてもしょうがありませんので、少し明るい希望、イコール孫の紹介をば笑

11月、インフルエンザも風邪もひかず、元気によちよち歩くちよです☆
よちよち
福興市にお出かけしているときの様子ですね♪
ピヨピヨ鳴るクツを履いてよちよち歩く様子を見るとお父さんは鼻血が出そうです☆最強かわいいいいい!



一方こちらは最近のちよ☆
一丁前にしゃべるようになってきて、『おはよー!(ママ早く起きての意)』『あんまん!(アンパンマンのこと)』『♪ぐぅぐぅぐぅぐぅ、わっきゃー!(ぐるぐるぐるぐるグルコサミン)』
どーん!
台所のちよ

どどーん!
茶箪笥のちよ
好奇心の赴くままに、高いところに隠してあるオヤツを探してどこまでも登ります。
食器棚でも茶箪笥でもオカマイナシ!
汲めども尽きぬこの探究心!
痛いメに会えば止めるとは思うんですけどね…。嫁さんも写真撮る前に止めてくれよ…。
全国のちよファン(??)に動画を紹介です。
youtubeを利用したのは初めてなのでうまいこと見れると良いのですが@@@


3.11に約1年ぶりに自宅を見て献花した様子も一緒にアップしております。
登場人物は兄貴だけです@



4月くらいには毎月更新に戻れると良いのですが、今週からまた山形に出張です。
それではまた次回☆
いつも応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

dressmaker510

Author:dressmaker510
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。